パジャマは睡眠中の汗を吸い取るので睡眠の質も向上!

パジャマは睡眠中の汗を吸い取るので睡眠の質も向上!

近年スエットスーツやジャージをパジャマ代わりに着て寝ている人が多いように思われます。人は眠っている間にコップ1杯の汗をかくと言われています。

しかしスエットやジャージの生地は、ポリエステルやアクリルでできているものがほとんどなので、汗を吸い取るということが苦手で、熱がこもりやすいので寝床の温度が上がってしまい睡眠の質が悪くなります。

一方パジャマの生地は、シルクや綿等でできていていて、これらは汗を吸い取ることが得意です。睡眠中は新陳代謝が活発になっているため、汗を吸い取ることや湿気を逃がして、新陳代謝を妨げないことが求められます。

また体を締め付けると睡眠の質が悪くなってしまうのですが、パジャマはゆったりとした着心地になっているので、睡眠の質を良くしてくれます。

パジャマは体への締め付けがないので睡眠の質も向上!

パジャマは体への締め付けがないので睡眠の質も向上!

夜寝るときにTシャツやスウェットを着用する人はいますが寝るとき用のパジャマを着用したほうがいいでしょう。

スウェットやTシャツは寝るときのために作られたものではありませんので体への締め付けがあります、そのせいでストレスになり睡眠の質が悪くなってしまうのです。

それに対しパジャマは寝るときに着用するために作られているため体への締め付けはないようにできています。ズボンの部分もゴムが室内着用のものと比べて緩く作られていますので寝るときに心地よく眠れます。

もしもTシャツなどで寝ている方で寝てもあまり疲れが取れていないと感じるのであればパジャマに買い替えたほうがいいでしょう。パジャマの寝心地の良さを一度体感するともうこれ以外では眠れなくなります。

パジャマは睡眠中の寝返りをしやすいから睡眠の質も向上!

パジャマは睡眠中の寝返りをしやすいから睡眠の質も向上!

あなたは普段どのような格好で寝ていますか?当然パジャマ!といった方もいれば、夜中にコンビニ行くから外に出られるジャージ、といった方もいるでしょう。

最近では普段着のように見えるおしゃれな部屋着もお店に並んでいます。しかし、睡眠の質といった点ではパジャマに勝るものは無いでしょう。

外に着て行けるジャージやおしゃれ部屋着などに比べてパジャマは睡眠時に特化しているため、よりよく睡眠をとることができます。

第一に、パジャマは体を締めつけないため寝ているときでも体を自由に動かすことができます。窮屈な服で寝てしまうと寝返りが打てず寝つきが悪くなるということがあります。

また、素材が肌に心地よく、やわらかい感触に包まれて眠ることができます。普段、ジャージやおしゃれ着で寝ているという方は是非一度パジャマを試してみてください。