天竺というパジャマの素材を知らべてみた

天竺というパジャマの素材を知らべてみた

天竺とは、たて糸とよこ糸を平織した織物の一種です。パジャマの場合、表裏がはっきりした生地で、Tシャツなどによく使用される素材で、ヨコに伸びやすく、動きやすいのが特徴です。

サラッとした肌ざわりで、春夏に着用すると涼しい素材です。コットンでつくられているものは、少し太めの生地で織ってあり、シーチングと似たようなつくりになっています。

ニットでつくられている場合、Tシャツやセーター、肌着、ソックスなどに多く使用される生地です。

似たような素材として天竺を2枚重ねて、ところどころ接結した生地の接結天竺があります。ふんわりとしてやわらかく、あたたかな風合いが人気です。

どちらも編み物カテゴリに該当し、伸縮性があり、しわになりにくいというメリットがあります。

パイルというパジャマの素材を知らべてみた

パイルというパジャマの素材を知らべてみた

パジャマの素材に使われているパイル素材とは、輪っか状に糸が織り込まれた生地のことです。タオルに使われている素材だといえば誰もがわかると思います。

パイル生地の特徴は、一言で言えば、保湿性や吸湿性にとても優れた素材だということです。汗を吸収してくれるので、パジャマには向いています。

パイルは輪っか状の部分の糸が長いほど保湿性や吸収性に優れていて、とても肌触りが良い生地です。睡眠中の質を良くするためには、湿度をコントロールすることもとても大切です。

パイル素材のパジャマはしっかりと汗を吸い取り、素早く湿気を逃してくれるため、快適な睡眠を得ることができます。難を言えば、輪っかになっているので、物に引っかかりやすいということです。

ワッフルというパジャマの素材を知らべてみた

ワッフルというパジャマの素材を知らべてみた

ワッフル生地とは、お菓子のワッフルに似た感じの織り方の生地のことです。日本名で「蜂巣織」と言います。蜂の巣のような、という名称がまさにピッタリな雰囲気で、ポコポコとしたやさしい質感が特徴です。

一般的な綿生地に比べると生地に厚みがあり、吸湿性が高いと言われています。ふっくらとやわらかい上に通気性がよく、肌に吸い付く感じがないので、夏はとても快適です。

凹凸のある素材なので空気が含まれることで、冬は保温性が高くなるという万能な生地なのです。軽くてあっという間に乾く素材なので、いつでも清潔に保てます。

パジャマにするには最適の生地ですね!その優しい質感から、パジャマだけでなくベビー服やタオル等にも使われます。